ツーショットダイヤルで素敵な時を過ごせました

素敵なパートナーとの出会いの場となり嬉しい

当然延長を申し込み、さらに深い世界へと向かい、最後は明らかにキャストが上り詰めていくのが分かり、こちらもそれに合わせて上り詰め、素敵な時間は終わりを迎えようとしています。
数時間にわたり充実した時間を過ごせたことからお礼を言って終わろうと思ったその時、キャストの側から実際に会ってみたいと言われ驚きました。
このようなことはあり得なくはありませんが、まさか初めての利用でここまで行けるとは思ってませんでした。
もしもその気があるならと言って電話番号を聞かされ、一旦切ってから、それでもまだ半信半疑でその番号に電話すると先ほどと同じ艶っぽい声が聞こえてきました。
そして次の休みに実際に会う約束をし、その日を迎えるまではそわそわして仕事も手につきませんでした。
当日、待ち合わせの場所に向かうと、あの声から想像していた通りの美人が座っており、初めて会うのにお互いに一目で相手が誰なのかを認識できました。
まずは予約していたレストランへ行って腹ごしらえをして、いよいよホテルへと向かいます。
ツーショットダイヤルで行っていたあの時の続きをしようと言葉に出さなくでもお互いが理解しており、まるで恋人同士のように愛し合いました。
音声とはまた違う感触が拍車をかけ、お互いを高めながらこれまでに無い快感の末に果てました。
その後、二人は月に数回定期的に会っては身体を重ね、充実した時を過ごしています。
はじめはほんの暇つぶしで始めたツーショットダイヤルが、こんなに素敵なパートナーとの出会いの場となり嬉しく思っています。

お家時間が増え暇を持て余していた時出会ったのがツーショットダイヤル気がつくと夢中になりあっと言う間に時間が過ぎていた素敵なパートナーとの出会いの場となり嬉しい

ツーショットダイヤルツーショットダイヤル-テレホンエッチ-